素材のこだわり

The Material



一級品だけを厳選するのには、理由があります。

取り扱う素材は「柘(つげ、黒水牛、牛角(うしのつの)、象牙など」。どの素材もすべて一級品だけを厳選して用い、うるさいほど素材の品質にこだわります。その理由は、完全手彫りにこだわるほど、素材の善し悪しがはんこの善し悪しに影響するからです。

たとえば柘にも産地があり、国内鹿児島産の柘が最高級品とされています。ツルミ印舗では、この鹿児島産の最高級品しか使いません。海外産は安価なのですが、温暖なタイや南アジア地域産が多く成長が早いため内部の密度が荒く、とても完全手彫りに耐えられません。

一級品の素材に彫刻したはんこには、趣きや風格が備わります。これに対して二級品の素材を用いると、技術を駆使しても超えられない品格の違いが生まれます。キズは無いか。曲がりは無いか。色艶はどうか。実際に仕入れる際も、職人自らが一本一本チェックし、職人の目利きで納得したものだけを厳選しています。



特選象牙品質の違い



象牙とは、象の持っている牙(キバ)つまり門歯を指し、昔からはんこの良材とされています。その理由は、象の牙は人間の歯と同じエナメル質で出来ており、害虫に強く、ねばり気・強度ともに最高ランクであること。長年使用していても曲りやソリといった狂いがなく、重量感があり手にしっくりくること。

そして朱肉との馴染み相性が良いことなどが挙げられます。象牙の印章で捺印すると、紙への鮮明な捺印が出来、自分の名前がハッキリと出てうっとり(笑)します。

ただし象の牙は、その全てを材料(印材)としては使えません。実際に一級品として使用できるのは先よりの部分だけ。残りは空洞になっており、厚みも数ミリと材料としては不向きなのです。

現在、日本国内で出回っている象牙印材は「種の保存法」に基づき、政府より認定された商品と証明するものでないと販売出来ないことになっております。当印舗で納品時にお付けする通産省認定シールが、その証となります。

採取する場所による品質の差

同じ原牙から採れたものでも、採取する位置によって印鑑の素材としての品質(価値)は違ってきます。下記の写真は原牙の輪切り断面図。色分けしてあるマークは採取した象牙印章の場所です。網目の有無をご覧ください。


素材のこだわり



高級材「上」象牙印章



特選材「特上」象牙印章<



極上材「極上」象牙印章

高級材「上」象牙印章
この象牙は原牙のほぼ外側の部分から採れるものです。粗い網目が目立ちますが 象牙の質には問題なく、強度・永年の使用などは、上級品と比べてまったく遜色ない物です。

特選材「特上」象牙印章
上ランクの高級材と比べると、網目がかなり細かくなります。この品質は最高の水準といっても過言ではない品質です。彫刻人は「印刀の進みが良く、心地よく彫刻できる」と云います。

極上材「極上」象牙印章
原材のほとんど中心から採られ網目は目で確認しても殆どない、 贅沢感あふれる最高の品質です。原材のほぼ中心から採取するため、原材1本あたり1本位しか採れず、入荷する数も極めて少ない稀少素材。最高の実印を使いたい方にオススメです。(※天然物のため年輪状のスジの入ったものもあります)

※ツルミ印舗の全ての象牙は、品質劣化をまねく漂白は一切行なっておりません。

最後まで読んでいただきありがとうございます!


金沢のはんこ屋五代目の鶴見昌平です。

金沢のはんこ屋五代目の鶴見昌平です。生まれながらにしてはんこ屋!の使命を全うすべく高校を卒業後はんこ職人を目指して神奈川県のはんこ屋さんにて修行。一級技能士の資格を取得し現在は業務に従事。はんこの事、金沢のことを書いてますのでFacebookとかTwitterをやっていたら是非いいね!リツイートをお願いします。

鶴見の印鑑を是非手に

柘 15.0mm丸

柘 15.0mm丸
24,840円(税込)

黒水牛 15.0mm丸

黒水牛 15.0mm丸
32,400円(税込)

象牙15.0mm丸 特上

象牙15.0mm丸 特上
54,000円(税込)

象牙15.0mm丸 極上品

象牙15.0mm丸 極上品
87,000円(税込)

象牙15.0mm丸 上

象牙15.0mm丸 上
49,680円(税込)

マンモス13.5mm丸

マンモス13.5mm丸
41,580円(税込)

店舗でもお待ちしております

手彫りはんこの鶴見印舗(ツルミ印舗)
住所:〒920-0864 石川県金沢市高岡町23番21号
TEL: 076-221-3451 FAX:076-221-3452